220f8792397d9685408ab2acd1884c9d
ひのっ子キッチン

土用の丑の日献立

2017/08/05 05:07 昼ごはん イベント 子ども 健康

★さんまのかば焼き丼 ★夏野菜の和え物 ★とうがんのスープ


「土用」は立春・立夏・立秋・立冬直前の18日間を言います。

丑(うし)の日は、昔の暦で日にちを十二支で数えたもので、「土用の期間に訪れる丑の日」を指します。

ですから四季それぞれに土用があり丑の日もあるのですが「土用の丑の日」といえば、夏のイメージが強いですね。特に今期は、7月25日と8月6日の2回、「土用の丑の日」があります。

この日にウナギを食べる風習が広まったのは、江戸時代からと言われていますが

ウナギにはビタミンAやビタビンB群が多く含まれており疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれているので夏バテ防止にはピッタリの食材と言えます。

保育園では、うなぎに見立ててサンマを使った蒲焼を実施しました。

サンマにもウナギに負けないくらい、ビタミンAやビタミンB群が含まれていますがウナギよりもずっと安価ですし、甘辛いタレで子どもたちにも大人気です!


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください